借金返済前の過払い金請求は事故情報に記載される

借金返済前の過払い金請求はブラックリストに!!

現在返済中の借金を完済し終わる前に、過払い金が発生していることを知った場合、借金が残っているので当然、「過払い金請求で戻ってきたお金を返済に充てたい」とこのように思うのが普通の感覚ではないかと思います。

 

 

しかし、借金を返済し終わる前に過払い金請求をしてしまうとブラックリスト、
つまり個人信用情報に事故情報が記載されてしまうことになります。

 

 

「過払い金は払い過ぎている利息なんだから、借金の返済途中であっても
それで事故情報が記載されてしまうのはおかしい!!」

 

 

このように感じる人も少なくないでしょう。
確かに理屈からするとおかしな話なのですが、現在のところそのようになっています。

 

 

ですので、もしブラックになってしまうのが嫌だという場合は今現在の借金を
全て返済し終わってから過払い金請求をすることをオススメします。

 

 

ちなみに、過払い金請求で返還されたお金があれば今の借金が完済できるという場合は
完済した後で個人信用情報を運営している機関(いくつかある)に問い合わせれば
事故の情報を消すことができると言われています。

 

 

まだ借金が残っている状態で過払い金請求をする」というこの行為自体で
それで借金が完済できようができまいが事故情報は記載されてしまうのです。

 

 

しかし、いくつかの貸金業者から借金をしていて、まだ何社か残っている状態という場合で
すでに完済している貸金業者に行う過払い金請求についてはブラックにはなりません。

 

 

ちょっと複雑かもしれませんが、事故情報が記載されてしまうと後々ローンなどを組む際に
苦労することになるので過払い金請求を行う前に確認しておきたい事項です。

 

 

一時的にでも信用情報に事故情報が記載されたくないという場合は残っている借金を
どうにかして立て替えてもらい、過払い金が返還された時に返済する形をとってみてはいかがでしょうか?

 

 

到底返済することができない借金をすでに抱えてしまっていて、
事故情報も気にしないということであれば過払い金請求を含む債務整理の手続きも
視野に入れておいたほうがいいでしょう。