過払い金請求 弁護士と司法書士の違い

過払い金請求における弁護士と司法書士による違い

過払い金請求を法律事務所に相談・依頼する場合に弁護士か司法書士という選択肢があります。

 

どっちも同じようなもんでしょ!」なんて考えると損をしてしまう可能性があります。
この記事では、過払い金請求をする際に損をしないように、過払い金請求における
弁護士と司法書士による違いについてわかりやすく解説しているので参考にしてくださいね。

 

 

まず、過払い金請求における弁護士と司法書士の大きな違いが依頼料です。
過払い金請求に限らずですが基本的に弁護士よりも司法書士のほうが費用は安いです。
これは日本全国どこにでもあてはまります。

 

 

つまり、過払い金請求にかかる費用を安く抑えたいなら司法書士に依頼するべきなのです。
ただ場合によっては司法書士では対応できない過払い金請求があります。

 

 

それが「140万円を超える借金に対する過払い金請求」です。
わかりやすく説明すると、司法書士は債権額(借金or過払い金)140万円以下の案件でしか
法律相談や貸金業者との交渉、訴訟対応ができません。

 

 

注意点は個別の借金額が140万円を超える場合の話です。
借金総額が300万円でも、50万円の借金×6社の場合は司法書士でも対応が可能です。

 

 

逆の言い方をすれば、140万円を超える借金の過払い金請求がある場合は
弁護士でなければ対応できないので弁護士に相談しなければいけません。

 

 

140万円以下の過払い金請求であればどう考えても司法書士のほうが安く済むので
司法書士に依頼するのが普通ですが、中には弁護士と司法書士の違いを知らないがために、
弁護士に過払い金請求を依頼してしまって損をしてしまう人が意外と多いです。

 

 

少しでも過払い金を手元に残すためには司法書士に相談するのが普通です。
また、司法書士のほうが弁護士よりも安いと言っても、司法書士の中でも過払い金請求の費用は
ピンキリなのでしっかりといくらかかるのか?事前に比較したり、無料相談をするのがおすすめです。

 

>>過払い金請求は着手金無料の司法書士が一番安い!

 

ちなみにこの記事では司法書士として紹介してきましたが正しくは認定司法書士になります。

 

弁護士に過払い金請求を依頼するケースとしては上記のように140万円以上の個別の借金がある場合や、
任意整理など、債務整理の一環として過払い金請求を行う場合は訴訟対応なども含めて弁護士に
依頼したほうが手続きがスムーズに進むといった側面もあります。

 

とは言え過払い金請求だけなら司法書士に依頼する人がほとんどです。