過払い金請求 デメリット

過払い金請求のデメリットについて

過払い金請求というのは、本来支払う必要がなかったお金を払っていたものを、返してもらうという手続きになります。

 

基本的には、個人信用に傷がついてしまったり、いわゆるブラックリストに乗ってしまうと言ったような一般的に言われているデメリットというのは存在しません。

 

そもそも、非は業者側にあるものですから、利用者側にはデメリットというものがあるわけがないんですよね。
でも、本当にデメリットがないの?という心配もありますよね。
考えられるデメリットをいくつか考えてみましょう。
まずは、過払い金請求を行った業者からの借入をすることが、今後難しくなることがあります。
やはり、一度金銭的なトラブルになってしまった業者側としては、取引を再びしたくないと感じますよね、これは業者側だけではなく、利用者がわとしても、過払い金を請求しなければならなかった業者と、再び契約をしたい。

 

と思う人も少ないでしょうから、あまり問題はないと思います。
他の金融業者から借入をする分には問題がないですよね。
過払い金請求をしても、なかなか返還に応じてくれない業者もあります。

 

手続きがやや手間と感じる人が多くいますよね。
また、過払い金請求は素人が個人的に行うことが難しいので、法律家に対して謝礼を支払う必要がある点が、デメリットかもしれません。